2005年11月10日

5年ぶりの改良「Microsoft SQL Server 2005」発表

米Microsoftが5年ぶりに改良した「SQL Server 2005」を発表した。
中小向けの簡易版は無償提供。
http://www.microsoft.com/sql/default.mspx

東京開催のカンファレンスは既に定員に達していた。
http://www.microsoft.com/japan/

posted by CoolTool at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | SQL、DB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

「サーバー統合」による運用管理コストの削減。二つの方法

拠点や部署に散在する各種サーバーには、それぞれ様々なコストが発生している。
ハードウェアやソフトウェアのライセンス代、保守料、データセンターなどのスペ
ース代、人件費など。これらのサーバーを1カ所にまとめてコストを削減しようと
するのが「サーバー統合」だ。

その主な方法は二つ。

1)高性能、高スペックな「エンタープライズサーバー」を用いてCPUなどのスペッ
クを目的ごとに振り分ける「仮想化」技術によって実現する方法

2)一つの匡体である「ブレードサーバー」に、CPUなどのサーバー機能をそれぞれ
もつブレードを、追加していく方法
posted by CoolTool at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク・無線LAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

IIJの検疫ネットワークソリューション

中小企業などで自力での検疫ネットワークの導入が難しい場合、このようなお任せ方式でのソリューションもある。

▼IIJの検疫ネットワークソリューション
http://www.iij.ad.jp/solution/sec-sol/network.html

・不正なPC端末を排除。ID/PWD認、MACアドレス、IPアドレスの事前登録、照合による
・ウィルス対策。PC端末内のソフトウェア情報を検査し、問題あれば隔離、パッチ適用など

価格はサービスのタイプによって異なるが、PC1台あたり1000円/月(別途初期設定費用が必要)から、検疫が開始できる。
posted by CoolTool at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

匿名認証(Anonymous Authentication)

サービス利用者もサービス提供者も個人情報漏洩のリスクを大幅に軽減できると注目されている技術について学ぶ。

サービス契約時に新たなトークンが生成され、サービス利用時ごとにトークンが更新される。
ただし、そのトークンは利用者側で「ブラインド署名」をしたトークンで、サービス提供者にその状態で送られ、サービス提供者は復号することなく署名をしてサービス利用者に送り返す。利用者は次回、このトークンを利用してサービスを継続利用できる。

利用者を特定する個人情報を守る技術はどこにあるか。
「ゼロ知識証明」という技術で、提供者がランダムな値を発し、利用者は自分の秘密鍵を用いた計算結果を返すことで、提供者が検算をすることで(?ここがよく分からなかった)、
秘密鍵をサービス提供者に提示しないまま、秘密鍵自体の存在を証明できる。

▼japan.internet.com(更新可能な匿名認証について詳しい説明)
http://japan.internet.com/public/technology/20051005/5.html

他には、東芝の「グループ署名」という技術もある。個人情報は、第三者の会員情報管理者が行なう。複数名からなるメンバーとして鍵を所有し、それを利用してグループ署名を生成、それをサービス提供者に送る。この中に個人情報は含まれない。決済時などの個人の特定は、管理者がグループ秘密鍵を用いて行なうというものらしい。
posted by CoolTool at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

日本でユーザー企業が自らRFPを作成しているのは2割程度という

ユーザー企業は、忙しく時間がない。中小になればそのような書類を作成する経験やノウハウもない。私もこの言葉を知ったのはつい最近のこと。

日本でRFPが浸透してこなかったのは、問題はむしろベンダー側にあるらしい。ベンダー向けのRFPをベンダー自らが作成してしまうというのだ。入札や競合との競争を回避しやすくなるためだ。

といっても、中小なら外部に発注する際に、要件定義書や設計書もないまま開発に入り、納品までいってしまうケースも多いと聞く。うちの会社も数年前までは、完全に外に任せっきりで、何がどうなっているのか分からないままのものもあった。

幅広い技術と知識を蓄積して、最適な発注ができるようにチャレンジしていきたい。
posted by CoolTool at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

シンクライアントからバーチャルシンクライアントへ

まだ実現していない話である。

シンクライアント専用の特殊なOSではなく、既存のWindowsを活かしたまま、PC管理技術を活用し、PCに堅牢な使用制限を与えることで、既存のPCを仮想的にシンクライアント化させようとするソリューション。

日本のネットワールド社と、カナダのファロニックス社が共同開発をしていくらしい。

シンクライアントについては情報収集&勉強中だが、確かに現状では制約も多く、導入するとしても部分的に行なうか、既存のアプリケーションを諦めるか、現状の業務システムを維持するための追加開発コストを見込むかで悩んでいた。このような仮想技術でセキュアな環境を実現できるなら導入しやすくなると思う。
posted by CoolTool at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

中小こそIDCの活用が必要か

中小企業のサーバ運用、知人の会社を覗いただけでも危険な状況だった。
雑居ビルや受付にガードマンがいないようなテナントビルにオフィスを構えているなら、
不審者が忍び込んでサーバを丸ごと持ち去ったり、破壊してしまうことはそう難しくな
い。

もちろん、サーバーやネットワークの安定稼動、堅牢性、震災対策など、IDCの技術の方
が優っているのが一般的のはず。しかも24時間365日常駐で、緊急時には電話で作業を指
示することもできる。

うちの場合は、オフィスからタクシーで20分。トラブル時にはやや遠く、焦りを感じた。
もう少し近くの「都市型IDC」を確保しておきたい。

posted by CoolTool at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

社員の情報共有にブログを導入

ゲームソフト開発のハドソン社が、400人以上いる社員全員にブログを導入するという。
コメントやトラックバック、検索など確かにメールよりは情報共有に使えそうだが、グループウェアより使いやすいのだろうか。

RSSはあっても、全社員のブログを横断して投稿内容をカテゴライズする機能がないと結局、重要な内容が埋もれてしまわないか気になります。

うちの会社ではいまのところ、グループウェアの日報やファイルスペースを活用しています。
別の投稿スペースを新設すると混乱しそうで、使い方にもよるとおもいますが、社内ブログの導入には慎重ぎみです。
posted by CoolTool at 23:28| Comment(0) | TrackBack(1) | BI、ERP、CRM、SFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

日経NETWORK10月号の特集「迷惑メール撃退術」は物足りない

確かに、実践形式の特集で、効果もテキメンな役立つ情報だった。「POPFile」の具体的な使い方なども非常に参考になった。

しかし、期待していた内容ではなく消化不良を起こしている。

NETWORKの雑誌だから、クライアントレベルでの対策方法ではなく、セキュリティゲートウェイやメールサーバーに設置するスパムフィルタ、ネットワーク接続型のセキュリティアプライアンスなどの特集を期待していたし、今欲しい情報だ。数ある製品の能力比較や特徴などを知りたい。

posted by CoolTool at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

屋外でもより便利にSkype通話「Skype標準搭載USBハンディフォン」

USB接続のコンパクト電話器。ネットに繋がる環境下のPCに接続するだけで、すぐに通話が可能。USBで接続すると自動で電話機に搭載されているソフトが起動し、PCで特別な設定をする必要もない。

格安で国内外の固定電話にダイヤルできるSkyoe Outにも対応しており、100分の無料通話がサービスで付いている。

「ウェルトーンSkype標準搭載USBハンディフォン」
http://www.welltone.jp/skype/products/WB-2501.html

今年のクリスマスプレゼントはこれかな。
posted by CoolTool at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。