2006年03月28日

シン・クライアントも導入の可能性を見込んで

シン・クライアントも導入の可能性を見込んで理解しておかなければならない。

経営判断で突然、「導入せよ」なんてこともあり得る。

仕事の合間にちょっと調べただけでも、千差万別、一長一短、多種多様。

なかなか決断は難しそうだ。

実現方式は
1:サーバー・ベース方式
2:KVMスイッチ+ブレードPC方式
3:サーバー・ベース+ブレードPC方式(混合方式)
4:ネットワーク・ブート方式

OSも製品によって異なる
1:Windows Xp
2:Windows CE
3:Linux
4:Wyse Thin OS
posted by CoolTool at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15660827

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。