2006年04月01日

部下やチームメンバーをプロファイル

部下やチームメンバーを正確に理解し、働きやすい環境にするための一つの方法として、彼らをできる限り正確にプロファイルしている。

何となく、頭で覚えている限りでは、必要な時に忘れていたり、最適に適材適所にするタイミングを失ってしまったりしてしまう。

彼らの生い立ちや経歴、経験、技能、考え方、目標、考えていること、家族や交友関係、趣味なども、飲みの席でちょっと聞いたことも記録しておく。当然、これまでの仕事の実績や失敗も記録しておく。

人事部ですら把握できない貴重な情報の固まりで、部門をうまく機能させるための秘策でもある。
posted by CoolTool at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。