2006年05月26日

新人研修。WordやExcelのマクロはいい教材

もし、情報システム部門に配属された新人がWordやExcelのマクロをやったことがなければ、マクロ機能を教えてあげよう。

(1)誰もが使うソフト
(2)簡単(記録機能もある)
(3)構文の把握、論理思考の訓練
(4)自動化や効率化という発想が重要であることを学ぶ機会

マクロの構文をなす、プロシージャ、引数リスト、ステートメントという用語も説明してあげよう。VBAを経験済みだったら、何か無駄を見つけてそれを解決するツールを作ってみてと漠然と課題を与えてみるのがいい。

スキルがあれば、あとは主体性と課題発見能力、考える力を育てるためのアプローチも必要だ。
posted by CoolTool at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18421651

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。