2006年06月16日

専門雑誌や参考書の読み方

私個人のやり方だが、とても効果があります。

1)一度目はマーキングや下線を引きながら頑張って最後まで読み切る。

2)数カ月後に引っぱり出して興味があるところだけ読み直してみる。


1)で漠然としたイメージや用語やキーワードが頭に残るので、その後ニュースなどで意識しなくても、自然と知識を広げている。

その上で、2)を行なうと、「なるほど、そういう意味なのか」「意外と簡単なことを書いているんだな」と感じれるようになる。幅広い技術や知識を身に付けるにはこの感覚、感動が大切なのだと思う。

posted by CoolTool at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・資料・番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19372481

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。