2005年03月05日

テレビ会議・WEB会議システムの違い

テレビ会議システムとWEB会議システムは明確に区別した方が
よさそうだ。

テレビ会議システムはこれまで大手企業の経営会議などを行う
目的でISDNや高帯域のネットワークの環境で導入されてきた高
価なシステムで数百万円〜1千万台していた。
Polycomの「Viewstation」、TANDBERGの「TANDBERGシリーズ」、
SONYの「PCSシリーズ」、VCONの「HDシリーズ」などがある。

一方、WEB会議システムはブロードバンド環境が普及している環
境下で、LANとPCとソフトウェアで、安価に導入できるもので、
現場同士のやり取りなどで使われている。値段は数十万円から
数百万円。製品種類は非常に多く、富士通、IBE、マクニカ、FBC、
トーメン、日立など。

安易にテレビ会議を探すと高価なものに辿り着き、安価なものに
巡り合えないかも知れない。

全ての製品の比較をしてはいないが、私が現在注目しているのは
500万円台で18人(拠点)が参加できるシステム。値切って300万
円台まで下がれば導入の可能性が高まると思う。

この製品については後日ここで書こうと思うので興味ある方はチ
ェックしてくださいね。
posted by CoolTool at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ会議・WEB会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2273248

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。