2005年04月28日

SQLの復習、「SQL書き方ドリル」練習編その8

今日の復習は、WHERE句の活用によるレコード絞り込みでした。

Select
列名
from
テーブル名
where
条件
;

考え方としては、テーブルからレコードを取り出し、条件に合うものを残します。そして、残ったレコードの中から、列の値を抜き出します。

明確にイメージできるようになりました。
posted by CoolTool at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | SQL、DB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。