2005年09月25日

中国におけるSkypeを巡る動き

9月上旬にルクセンブルクのスカイプ・テクノロジーズ社と中国のTOMオンライン社が合弁設立を発表。

その後、中国電信(チャイナ・テレコム)が深センでSkypeへの接続を中断しているように、その動きを全国に拡大する方針とした。

しかし、Skypeを使った通話方法は2つあり。(1)Skypeから通常の電話に繋ぐ「Skype Out」(2)Skype同士のインターネット通話。

問題になっているのは(1)の方で、(2)に関しては規制の動きはないようだ。


posted by CoolTool at 23:25| Comment(1) | TrackBack(1) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2005年12月に上海からskypeで日本のskypeへ掛けると、かかりませんでした。windows messeで連絡を取り、日本から上海のskypeへ掛けてもらうと通話できました。上海市内同士の場合はどちらからでもかかりました。(2)の場合も海外へ向けては試験規制が始まったのでしょうか?
Posted by max at 2005年12月15日 04:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Skype
Excerpt: ブロードバンドの発展により、インターネット技術をベースにしたIP電話も普及してきています。
Weblog: 中国で見つけたガラクタ
Tracked: 2005-10-03 19:35

最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。