2005年10月04日

平成電電が1,200億円の負債を抱え、更生法を申請。思うところ。

平成電電が1,200億円の負債を抱え、更生法を申請したことがいろんなブログでも話題になっているようですね。

固定発携帯着信の料金設定権の交渉、NTT基本料をなくした割安固定電話の導入など、チャレンジ精神旺盛なところが気にいっていたものの、かなり前から「あれれ?」と思わせる予兆はあった。

1)サポートセンターに電話しても一向に誰もでない。
2)電話口で社内の人間を「さん」付けにする。
3)法人担当者が音沙汰無しになり、新サービスやキャンペーンについても案内されない。
4)交換されたDSUで不具合。交換前の環境に戻されたまま。
など。

社員のモチベーションはどれだけ維持できていたのだろうか。

CMも同じものを流し続けていては効果がない。ボーダフォンのような思いきった切り替えによるイメージチェンジも必要だったのではないだろうか。

利用者15万件ということなので、サービスとサポートは続けると説明はあったが、スポンサーが見つかるのだろうか。
posted by CoolTool at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7708211

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。