2006年07月12日

無償PBX

そう言えば、セミナーへの参加の機会を逃して、その後忘れていた「Asterisk」。Linux上で動かす無償のソフトウェアで、PCをPBXやIP-PBXにしてしまうものだ。

既存のPBXは7年が経過した。小規模オフィスだが、真剣にIP化を考える時期かもしれない。
posted by CoolTool at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

ここでも取り上げた平成電電のCHOKKAの始末

現在、平成電電のCHOKKAを会社で契約していて、どうしたらよいか悩んでいる方はいませんか?

サポートセンターによれば、「突然利用停止になるようなことはないので安心してください」とのことですが、どこまで信用していいのかわかりません。

会社の代表番号に設定している場合などは、前もってアナウンスがされたとしてもそれが一ヵ月程度じゃまずい。

同じ番号のままNTTに切り替えることはできるのでしょうか。

posted by CoolTool at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

2つの"Skypeキャスト"

"Skypeキャスト"は2つあります。「Skypecast」と「Skype cast」で全く別物だ。

Skypeを用いて音声をP2Pで聴かせるのが「Skype Cast」で、Skype 2.5 betaから加わったネット会議の機能が「Skype cast」。

「Skype cast」では最大100人まで参加でき、発言を認めたり拒否したりできる司会者機能もある。


▼Skypecast
http://www.skype.com/intl/ja/help/guides/skypecasts.html

▼Skype cast
http://www.tarosite.net/2005/04/skype_cast.html

▼Skype 2.5 ベータ版
http://www.skype.com/intl/ja/download/skype/windows/skype25beta.html
posted by CoolTool at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

日本でもSkypeInの番号提供が開始。

日本でも試験段階ですが、固定電話や携帯電話からSkypeに着信できるサービスが始まっています。

SkypeIn番号の料金は、12か月間契約の料金は30ユーロ、3か月間契約のは10ユーロ

▼SkypeIn
http://www.skype.com/intl/ja/products/skypein/
posted by CoolTool at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

月額1,000円強の基本料金で重宝しているドコモのPHS、終了は残念

NTT DocomoのPHSサービスが、2007年の秋に終了するそうだ。
主に、社内や工場の内線に使っていたが、最近ウィルコムも組み込んで使えているので、ウィルコムへの移行で問題なさそう。まあ、FOMAが必要ない箇所に無理に入れようと思わないが、じっくり検討していきたい。
posted by CoolTool at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

いよいよSkype本体に無料ビデオ通話機能搭載。バージョン2.0

無料ビデオ通話機能搭載のSkype 2.0がリリースされた。

Windows XPもしくは2000のみの対応だが、待ち望んでいたもの。

http://www.skype.com/intl/ja/products/skype/windows/

posted by CoolTool at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

ウィルコム「W-ZERO3」手に入れてみたい

以前、新日本無線の端末で希望のブラックカラーが品切れの時があったが、特別な方法で待つことなく入手できたことがある。

会社で使ったそのルートで、打診して個人用に入手を試みようと思う。
年内はもう無理なので、年始に問い合わせてみよう。

その方法の詳細は書けないが、入手できた暁にはヒントを書き込みたい。

posted by CoolTool at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

ライブドアSkypeでもビデオ通話が標準搭載

以前、Skypeでテレビ会議ができるプラグイン「Festoon」を
取り上げたが、ライブドアが新規にリリースしたSkypeでも、
標準でビデオ通話ができるようになった。

ライブドアの会員になってまでSkypeを使うのは嫌だったが、こ
れはこれで一つの選択肢になってくるかもしれない。

http://skype.livedoor.com/

posted by CoolTool at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

ウィルコム「W-ZERO3」の発売で絶好調のようだが、

初回入荷分は完売で、在庫なしの状況。
「第2回 W-ZERO3 抽選販売」というのも受付が終了していた。
欲しと思っても手に入らない。
年末年始の販売機会を大いに失っているのではないだろうか。

ところで、話は逸れるが、加入者増や負債の削減など経営的には
絶好調のようだが、プラスαの部分でサービスが弱い気がする。

カラーがなくて3カ月待ちの時もあった。

また、携帯各社のデータをオンラインで取り寄せて、一つのプラ
ットフォームで明細を確認したり、管理できるサービスがあるが、
Docomo、au、ボーダフォンは、問題なく対応済みなのに、ウィル
コムだけは、その明細などの詳細データを提供するのには、オン
ラインではなく、CD-ROMでの提供となる。しかもその価格は1社
あたり月額3,000円もする。他社は、1回線105円のみ。

posted by CoolTool at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

Skypeが使えるPHS登場で、ショップは行列。サイトはダウン。

通称Skype PHS、「W-ZERO3」。

http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/003sh/index.html

昔、PDAを持っていた時に、これで電話もできればいいのにと
感じたことがあったが、この時代になって、想像もしないか
たちで登場してきた。

PDAでもあり、PHSでもある。それどころか、Skyoeが使えるの
で、その端末で無料通話も可能なのだ。いつの間にか無線LAN
スポットも至る所にあり(都内だが)、時代のニーズにマッチ
した素晴らしい商品だ。デザインも最高。懐に余裕があれば
すぐにでも手を出したい。


posted by CoolTool at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

中国在住の方から貴重なコメントをいただく

maxさんより以下の最新情報ともいえるコメントをいただきました。

//////
2005年12月に上海からskypeで日本のskypeへ掛けると、かかりませんでした。windows messeで連絡を取り、日本から上海のskypeへ掛けてもらうと通話できました。上海市内同士の場合はどちらからでもかかりました。(2)の場合も海外へ向けては試験規制が始まったのでしょうか?
//////

Skype outだけではなく、Skype同士でも、上海からはかけられなくなっているそうです。
技術的に可能なのかなあ。Skype社自身が圧力を受けて何かしているのだろうか?


posted by CoolTool at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

Skype Out、いつの間にかクレジットが通るようになっていた

これまで、Skype Outをしようと、何度もクレジットを購入しようと試みていたが、何故かクレジットカードが拒否されていたのか、10ユーロ分のクレジットが購入できなかった。

ライブドア経由ならできると聞いていたが、ライブドアでアカウントを持とうとは思わなかったので、ずっとできないままでいた。

ところが今日、購入してみたらすんなり行けた。海外の固定電話ともやっと格安通話ができた。

posted by CoolTool at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

低価格で導入が容易なIP-PBX

既存のネット接続環境に容易に導入可能な、IP-PBX(IP電話が利用できる電話用構内交換機)が発表された。この「Normadic Node IP PBX」の発売は来年5月で20万円程度になるらしい。開発はフラクタリストとブレインズ。

特徴は、
1)VPN回線接続
2)異なるネット接続会社どうしの経由でも通信障害を防ぐ
3)個別に固定IPを用意しなくてもNAT機能が使える

最近チェックしていなかったが、IP-PBXっていつの間にこんなに安くなっていたのか。
製品のカテゴリが違うのかもしれない。実際にカタログを取り寄せてみたい。

posted by CoolTool at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

屋外でもより便利にSkype通話「Skype標準搭載USBハンディフォン」

USB接続のコンパクト電話器。ネットに繋がる環境下のPCに接続するだけで、すぐに通話が可能。USBで接続すると自動で電話機に搭載されているソフトが起動し、PCで特別な設定をする必要もない。

格安で国内外の固定電話にダイヤルできるSkyoe Outにも対応しており、100分の無料通話がサービスで付いている。

「ウェルトーンSkype標準搭載USBハンディフォン」
http://www.welltone.jp/skype/products/WB-2501.html

今年のクリスマスプレゼントはこれかな。
posted by CoolTool at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

移動体通信各社と帯域。新規参入予定は3社か。

NTT Docomo:800MHz帯
au by KDDI:800MHz帯(ツーカー:1.5GHz帯)
ボーダフォン:1.5GHz帯
ウィルコム:1.9GHz帯

-------以下新規参入予定組-------

BBモバイル:1.7GHz帯
イーモバイル:1.7GHz帯
アイピーモバイル:2GHz帯

新規参入組の動きが具体化してくるのが楽しみだ。
posted by CoolTool at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

平成電電が1,200億円の負債を抱え、更生法を申請。思うところ。

平成電電が1,200億円の負債を抱え、更生法を申請したことがいろんなブログでも話題になっているようですね。

固定発携帯着信の料金設定権の交渉、NTT基本料をなくした割安固定電話の導入など、チャレンジ精神旺盛なところが気にいっていたものの、かなり前から「あれれ?」と思わせる予兆はあった。

1)サポートセンターに電話しても一向に誰もでない。
2)電話口で社内の人間を「さん」付けにする。
3)法人担当者が音沙汰無しになり、新サービスやキャンペーンについても案内されない。
4)交換されたDSUで不具合。交換前の環境に戻されたまま。
など。

社員のモチベーションはどれだけ維持できていたのだろうか。

CMも同じものを流し続けていては効果がない。ボーダフォンのような思いきった切り替えによるイメージチェンジも必要だったのではないだろうか。

利用者15万件ということなので、サービスとサポートは続けると説明はあったが、スポンサーが見つかるのだろうか。
posted by CoolTool at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

中国におけるSkypeを巡る動き

9月上旬にルクセンブルクのスカイプ・テクノロジーズ社と中国のTOMオンライン社が合弁設立を発表。

その後、中国電信(チャイナ・テレコム)が深センでSkypeへの接続を中断しているように、その動きを全国に拡大する方針とした。

しかし、Skypeを使った通話方法は2つあり。(1)Skypeから通常の電話に繋ぐ「Skype Out」(2)Skype同士のインターネット通話。

問題になっているのは(1)の方で、(2)に関しては規制の動きはないようだ。


posted by CoolTool at 23:25| Comment(1) | TrackBack(1) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

平成電電コミュニケーションズの中継サービスの料金改定

11/1より平成電電がマイラインの値下げをするそうです。

         変更前     変更後
市内      7.87円(3分)  7.87円(3分)
県内市外    10.5円(3分)  8.40円(3分)
県外市外    10.5円(2分)  12.6円(3分)
最低利用料金  2000円      0円

http://www.hdd-com.co.jp/index.html

posted by CoolTool at 23:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

安価かつ部分的に導入可能なIP電話「e-MOIPEX」

今日の新聞にインフォーエス社が開発した「e-MOIPEX」の記事が出ていた。
IP電話導入を考えて調査したこともあったが、中小企業ゆえ、導入メリットがそれほどなく、見送った経緯がある。

このシステムは、一気に電話システムを置き換えるのではなく、既存のアナログPBXを残したまま、IP-PBXを接続できるのがミソらしい。

価格は電話器50台付きで250万円らしい。IP電話機を仮に1台35,000円とすると、電話機代で175万円。PBXやその他費用で75万円と勝手に考えると、確かに割安かもしれない。

ただし、うちの場合は50台も必要ないので、25台にしたら価格を下げてほしいところ。
これなら再検討の余地があるかも知れない。

http://www.in4s.co.jp/product/e-MOIPEX/
posted by CoolTool at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

中国専用電話カードをビジネスフォンで使う方法

通常はカードに書かれた都内の接続ポイントまで電話して、アナウンスを聞いてからPINコード(カードの裏を削って出てくる番号)入力後、かけたい番号を押して通話します。

信用できる業者からうさん臭い業者までいろいろありますが、安いものだと1分2.2円の「丸得カード」などがあります。国内通話料は別途3分8.925円かかりますが、それを勘案しても1分約5.2円で中国に電話できるのは大きいかも知れません。NTTコムがどんなに割引いてきてもこれにはかないません。

PBXを活用したビジネスフォンでのかけ方は、短縮を3つ設定します。

短縮01 都内の接続ポイントまでのダイヤル番号
短縮02 ピンコード番号
短縮03 例えば上海の電話番号

※カードやビジネスフォンの種類によっては通話できない場合もあると思います。
うちの会社では実際に通話できました。

短縮ボタンを3回も押したり、アナウンスが始まるのを待ったりなど多少の時間のロスはありますが、管理部門や頻繁に海外に長電話する部署などは利用を促しやすいかもしれません。

もし、短縮を3回も押さないでいい方法や、1つの短縮に上記の1〜3までを全て登録し、1と2、2と3の間に一定の間隔を挿入する方法などがあれば教えていただけないでしょうか?
ちょっとした工夫で実現できそうな気がします。


posted by CoolTool at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話・IP電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。