2006年02月17日

ビジネス用ファクシミリ

ダイレクトメール配信用に6年前からずっと同じ機種を使い続けていた。

トラブルも少なく、通信費も下がってきていたので、見直すことを怠ってきたが、買い替えればPBXによる同報装置など必要なく、最近のビジネス用ファクシミリでは複数チャネルを持たせて数百件の順次同報が可能になっている。読み込みスピードも早く、通信費も半減できる。

しかも、現在のリースと保守費用の年額合計金額が、新機種購入価格とほとんど変わらないのだ(六6〜7割引で30〜40万円台で交渉中)。

忙しい中、面倒臭くても、身の回りのシステムを思いきって見直してみることも大事だなあと感じた。
posted by CoolTool at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合機・コピー機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

複合機はインターネットで繋がっていた

リコーは、会社に置いてある複写機と保守会社がネットワークで接続されているので、
トナーが切れそうになる前に、特にオーダーしなくても、先方ので把握して、勝手に
持ち込んでくれる。

富士ゼロックスは、企業同士が、スキャンしたデータなどをインターネットを介して
データベース化し、共有できる機種を発表している。
「ApeosPort-2」

ファクス代が削減できる。

posted by CoolTool at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合機・コピー機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

8/23に取り上げた理想科学の「ORPHIS」がさらに進化していた

8/23に取り上げた理想科学の「ORPHIS」がさらに進化していた。

「HC5000」から「 HC5500」になり、カラー1枚あたり2.5円の
ランニングコストは変わらないが、1分間に120枚印刷できるよ
うに進化していた。価格は税抜き340万円程度から。



posted by CoolTool at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合機・コピー機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

世界最速&低ランニングコストの複合機「ORPHIS HC5000」

理想科学の「ORPHIS HC5000」はインパクトが大きい。
テレビCMでは何となく聞き流していたが、実際に製品パンフレットを手にして驚いた。

そのスピードは何と、105PPM、つまりカラー出力で1分間に105枚印刷できる。
しかも、保守契約が必要無く(消耗品のみ実費)、ラニンニングコストもカラーで2.5円。モノクロは何と0.75円と圧倒的な低コスト。
本体価格は高そうだが(もし安いなら、消耗品の価格は要チェック!)、プリント枚数が多い事業所ほど経費削減効果がありそうだ。
来週辺りに業者に話を聞いてみたい。

posted by CoolTool at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合機・コピー機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

非PostScriptモノクロレーザプリンタへMacから出力

先日以下の投稿をしました。

------------
Mac、Win混在環境で、非PostScriptモノクロレーザプリンタを購入してしまい、プリントサーバが見つからず悩んでいます。

量販店を覗いたところ、Mac対応のプリントサーバはあるのですが、PostScriptであることが条件と書かれています。
------------

しかし、購入してしまったプリンタのメーカーでは、Ethetalkドライバが提供されればという条件もクリアできず、プリントサーバを使うことが出来ません。

素直にLANカード購入で解決することにしました。

posted by CoolTool at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合機・コピー機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

モノクロレーザで失敗。Macから非PostScriptプリンタへの解決策

Mac、Win混在環境で、非PostScriptモノクロレーザプリンタを購入してしまい、プリントサーバが見つからず悩んでいます。

量販店を覗いたところ、Mac対応のプリントサーバはあるのですが、PostScriptであることが条件と書かれています。

そんな中諦めずに調べていると、

『Macintoshから非PostScriptプリンタへの印刷が可能』なプリントサーバが見つかりました。
http://www.iodata.jp/prod/network/fileserver/2005/etx-psu2/index.htm

ただし、「プリンタメーカー提供のEtherTalk対応ドライバがあればMacintoshから非PostScriptプリンタへの印刷が可能です。」という条件が分かりづらい。

例えば、EPSONのモノクロレーザ低位機種なら、ズバリどうなのか?知りたい。

無料レンタルもあるようなので、秋葉まで足を運んでみようか。
http://plaza.iodata.jp/rental/
posted by CoolTool at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合機・コピー機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

エプソンとブラザー、それぞれ中小企業に魅力的な製品を発表

エプソンは、業界で初めてA3カラーレーザー対応で30万円を切る機種を発売する。
「LP-M5500」(税別298,000円)
プリンタ(10/40枚)、コピー(10/40枚)、スキャナー機能搭載
※ファクス機能はオプション
※保守費も不要でカラー印刷の1枚当たりのコストは14.5円

さらに、A4カラーレーザー対応騎手はもっと安く、以下の通りだ。
「LP-A500」(オープン=市場予想価格18万円前後)

http://www.i-love-epson.co.jp/products/offirio/mfp/

一方、ブラザーも超コンパクトサイズで低価格のレーザー複合機を発表した。
「マルチファンクションセンターMFC-7420」(税込84,000円)
ファクス、プリンタ、コピー、スキャナ
「マルチファンクションセンターDCP-7010」(税込52,500円)
プリンタ、コピー、スキャナ
「マルチファンクションセンターMFC-7820N」(税込94,500円)
ファクス、プリンタ、コピー、スキャナ
「マルチファンクションセンターFAX-2810」(税込94,500円)
ファクス、プリンタ、コピー

http://www.brother.co.jp/jp/mfc/mfc7.html

高額な保守費でガバガバ稼ぐボッタクリにも近い楽チンビジネスの時代は終わるかもしれない。新規参入組のエプソンや、東芝、ブラザーなどの企業努力に期待したい。
御三家のキヤノン、リコー、富士ゼロックスは市場ニーズに合わせていっそうの努力を重ねてもしい。



posted by CoolTool at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合機・コピー機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

A3カラーレーザープリンタ

先日A3対応カラーレーザープリンタ「EPSON-LP700C」を
導入しました。

ネットワークカードとトレイ追加で15万円台と他社製品
と比べて割安でしたが、トナー消費スピードが驚く程早
いので驚いています。キヤノンに言わせれば2年でキヤノ
ンのほうがコスト的に有利だと説明を受けました。

EPSONさん、トナー価格が高すぎます!!!
何とかなりませんか???

このままだともう1台別のメーカーのものを購入して、
「EPSON-LP700C」は特別な時しか使わない「置薬」プリ
ンタにしてしまいますよ!!
posted by CoolTool at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合機・コピー機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

複合機の保守料はどのくらいお支払いですか

みなさんの会社では、コピー機の保守料をどのくらいお
支払いでしょうか?

リコー、ゼロックス、キャノン、東芝の担当者を呼んで
徹底的に合見積もりを取りました。担当者の上司も顔を
出すようになり「もうこれ以上は無理です!」と泣かせ
てしまいました。今回は余り詳しく書けなくて申し訳あ
りません。

最終的に決定した業者は言えませんが、基本料は実質な
しで1枚目からモノクロが2円台の同一料金です。

小さいながらも毎月1万枚前後はコピーしますし、関連
会社での買い替え情報などで強気の交渉をしました。

各社ボーダーがあります。なかなか4円5円を超えるのは
難しいと思いますが、合見積もりは絶対に行い、交渉の
材料を用意して頑張ってみてください。

もっと安い例などありましたら教えてください。

ちなみに、キャノンがカラー複合機「Satera MF8170」
を14日に発売しましたね。カラーレーザープリンタ、
カラーコピー、スキャナー、ファクスの機能があって
この価格は凄いです!さらに、保守費用が不要で、利
用者自身でトナーカートリッジを交換できるようです。
ランニングコストはカラーが15.2円、モノクロが3.1
円程度だそうです。

こういう情報も交渉の材料になると思います。それど
ころかこっちを使ってみたいとも思いますが。。。




posted by CoolTool at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合機・コピー機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。