2006年07月16日

メールアドレスの私的利用

会社支給メールアドレスの私的利用はどこまで許されるのだろうか?

社外の友人、知人との飲み会の連絡は、仕事にも間接的に役立つ異業種交流会と説明できるし、ちょっとした家族との連絡などに使うこともあるかもしれない。

基本的には会社所有の機器を業務とは関係ない個人の目的に利用することは「常識的に」いけないことだが、話を聞くと基準は会社によってまちまちだし、自由に使える小さな会社も多い。

判例をみてもあまり実態にそぐわず、うちの会社にとっては意味がないだろう。
posted by CoolTool at 23:06| Comment(11) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。